Happy Halloween! イベント 10/29-10/30

Happy Halloween! イベント 10/29-10/30

2022-10-28

10月31日はハロウィン
毎年この日に行われる、古代アイルランドのケルト人が起源と考えられているお祭りで、現在では民間行事として広く定着していて、宗教的な意味合いは無くなっているそうです。
日本でもここ数年、コロナ前から徐々に注目されはじめ、仮装した人達のニュースが取り上げられていますね。

Masahiko Ozumi Prisでは、10月29日(土)と30日(日)の2日間、ささやかですがハロウィンイベントを開催します!

ハロウィンパーティの
楽しい時間にぜひ!

ハロウィン期間限定のケーキ「モンブラン パンプキン」「マネージュ ハロウィン」「シャポー」を販売します。
皆さんのハロウィンパーティを彩る楽しいひとときに、Masahiko Ozumi Parisのハロウィン限定ケーキも一緒にいかがですか?

モンブラン パンプキン
マネージュ ハロウィン
シャポー

「お菓子くれないとイタズラしちゃうぞ!」

ご来店のお子様限定ですが、スタッフに「トリック オア トリート」と言うと….

イベント期間中は、ぜひお子様と一緒にご来店ください。せっかくのハロウィンですから仮装してきてくれるとテンション上がります!

『Tric or Treat』や仮装はどうして?

ケルト人の10月31日は、秋の終わりであり1年の終わりとされ、その日の夜は死者の魂が、幽霊や悪魔などの姿で家族を訪れてくると信じられ、食べ物や飲み物を用意していたそうです。

諸説ありますが、子供がお化けなどの怖い仮装しているのは、死者の魂に気づかれないようにするためで、そこからご馳走目当てに「トリック オア トリート」と言って各家庭を仮装して周り、もらったお菓子を持ち寄ってパーティーを開いていた事が、ハロウィンパーティとなったようですね。

ハロウィンのシンボルともいえる、目や口をくり抜いたカボチャ「ジャック・オー・ランタン」。
玄関前にロウソクを入れて、悪い霊を追い払うために用意していたそうですが、これはお菓子をもらえなかったらイタズラをする子供たちを、怖がらせるためのイタズラのようでもありますね。

Follow me!

PAGE TOP